50歳代の女性会員様からご相談。

「ご交際中の方、とても良い方だけれど、ときめきを感じない、それで良いのだろうか?」以下、清野の答えです。

「ときめき」についてですが、若い時の恋愛と違って、結婚、特に中高年の結婚は「ときめくお相手探し」というより「これからを共に生きる」更に大切な「人生の良き伴走者探し」だと思います。

価値観が、「一番大事な部分でほぼ共通していて」、「こちらの話を聞いてくれて」,「思いやりがあって、そこそこユーモアもあって、一緒にいて疲れない、結構楽しい、」「伴侶を大事にしてくれそう」。あ、これも大事「老後迷わない程度の経済力」。

そんなことが、一時の「ときめき」以上にはるかに大事な、「日々を共にする人」に求めることでは?

そうして、共に生きていく日々の、一年、二年・・の積み重ねの中で、「あ、この人良い人だった、私、幸せかも」なんて発見があったり。そんな時、胸がトッキンとするかもしれません。

「自分という縦糸、パートナーの横糸。」二人で織り上げていく人生というたった一枚の織物。

結局、そういう日々の中、ちらちら光る陽光に似た小さな「ときめき」が感じられる時が何回もあるのではと思います。

スタート地点でもじもじしていないで、とにかく走り出してみましょう。                                     走ってみないと見えてこないものがきっとあります。結婚相談所ハートフル 清野由美子