内閣府から公表された2015年の「少子化社会対策白書」のうち、現在JLCA通信7月号「未婚かつ恋人がいない人」へのアンケート結果によると、20代30代の男女の四割が恋人が欲しくないという回答だったそうです。(JLCA通信7月号)そんなに?と、自分の頃と比較して今更ながらビックリ。

そして、欲しくない理由は「恋愛が面倒」が一位でまたびっくり。そう、たしかに恋愛は面倒だけれど、その面倒を通してしか得られない喜びや、人生の味わいがあって、切ないけれど甘い、身内がふるえるような思いも感じられるのにと古い世代は思います。まあ、そのもろもろがめんどくさいといえばめんどくさいのかなあ。

確かに今の時代は、興味深い事や、楽しい事が、恋愛以外にもいっぱいあって、その方が手軽なのかも。傷つくこともないし。

それはそれで一つの選択だから、そう思ううちはそれで良いと思います。ただ、四割が「欲しくない」と言う事は「六割」の方は欲しいんですよね。だけど相手がいない、「出逢いの場がない」と言う方々。結婚相談所の出番ですね。

合コン、パーティ、サークル、いろいろ出逢いの場はありますが、何といっても、圧倒的に多くの、結婚したい未婚の異性に会えるところと言ったら、結婚相談所です。ハートフルは四つの連盟合わせて延べ10万人以上の会員様、その中から毎月20人選んで、申し込んだり、申し込まれたり。一年で少なくても240人選べるんですから、それはお出会いのチャンスは大きいです。

恋人が欲しい「六割」の皆さま。こんな便利なシステムを利用しない手はありませんよ。                     結婚相談所ハートフル 清野