今朝、食事中にテレビから稚内の男性と、枕崎の女性が、両市の昆鰹(コンカツ)プロジェクトで昆鰹プロジェクト結ばれたというニュースが耳に入ってきました。昆布と鰹でコンカツ?何それ?

ネットで調べましたら、平成24年、日本最北端の稚内市と、最南端の枕崎市が、友好都市盟約を結び、新たな交流事業として、昆布と鰹にちなみ、昆鰹(コンカツ)プロジェクトを立ち上げたそうです。そして26年2月、稚内昆布と枕崎鰹が、出雲市でご夫婦になったとのことです。

出雲大社に奉納した昆布と鰹節のかけら、そして出雲のそばの実が入っている「縁結びのお守り」もできました。

お話はここでは終わりません。そのプロジェクトからめでたくカップル誕生!それが今朝テレビで紹介されていたお二人です。私も出雲大社には二回ほどお参りに行きましたが、やはり霊験あらたか、自治体の友好都市盟約から、本物のご夫婦が産まれました。

北と南の縁組、遠距離恋愛でちょっと大変だったと思いますが、思いは距離などひとっ飛び。(ハートフルにも新潟の方や、仙台の方とのご縁等があって、距離を心配しましたが、ちゃんと結ばれました。)まだまだ後に続くカップルも出そうとか。こんなコンカツも素敵で楽しいですね。        結婚相談所ハートフル 清野