東京都板橋区成増、練馬区、和光市で結婚・婚活・お見合いのご相談をお考えの方はブログも掲載の結婚相談所ハートフルへ。40代や中高年、バツイチの方も。

ご成婚あれこれ

  • HOME »
  • ご成婚あれこれ

ご成婚あんな話こんな話

ご成婚なさった方々から、お手紙やメール、お写真を頂くのは
本当に嬉しいものです。それぞれの方々のご成婚に到るまでの、
あんなことこんなことのエピソードを思い出します。
100人の方に100の物語。どなたも一気に成婚となった方ばかりでは
ありません。それぞれに迷い、悩み、ときには疲れてしまって、
もう婚活なんてやめにしようかなんて思われた事もあったでしょう。

清野も一緒に悩みました。
でも、あきらめなくて良かった、ベストパートナーを見つけた
皆様のお幸せそうな顔!
それまでのしんどさはすっかり忘れてしまいますね。

この笑顔を見たいがために、清野は今日も祈りを込めて、お見合いの
スケジュールを組んだり結果に一喜一憂したり、頑張っているんですよ。
次はあなたの番です。

一目惚れってあるんですね!

Y子様が当会にご入会くださったのは、夏も終わりのころでした。
飾り気のない素顔のすっきりしたお顔立ちの方でした。
お人柄も素直で誠実、好印象を受けました。ただ問題がひとつ。
彼女は再再婚、思春期のお子様をお持ちでした。
バツ一など問題にならない昨今ですが、バツ2となるとそれも女性となると
ちょっと時間がかかるかなと思いました。
でも、なによりお人柄が安心してご紹介できる方だと直感して、
写真をお持ちでなかったので私のデジカメで撮影させていただきました。
それをアップしても良かったんですがその日のお洋服が地味目で、
何か物足りない。ちょっと迷ってましたら、
翌日足りない書類をお持ちくださったときの彼女、
可愛いオレンジ色のサマーセーターを着て見えました。
こっちのほうが断然映えるわよと撮り直し。
プロフィールには働き者の頑張り屋さんです。と書いてお見せしましたら、
その通りです。と喜んでくださいました。
そしてなんと2ヵ月後、3度目にお見合いした方とお互いに一目ぼれ、
決めるのはもう少しお付き合いしてからでいいのよという
私の老婆心もよそに結婚のご挨拶にお二人で見えたときは、熱々のデレデレ。
すっかりあてられてしまいました。
幸せに暮らしていますと毎年お手紙をいただいています。

三ヶ月目にブレイク!

S様は初婚、大柄で色白のキャリアウーマンです。
ご自分のキャリアに自信を持っていらっしゃるから、
男性にもそれなりの水準を求められていました。
それもあってか当初2ヶ月、なかなかお見合いが決まらず、
お申し込みはあっても彼女の方で却下。私は頭を抱えました。
ところが流れというものは不思議なもので、毎日のように
必死にプロフィールを送り続けた結果、3ヶ月目、立て続けに4人の方との
お見合いが決まり、なんとそのうちの3人が彼女の基準?に合格!
でも、3人と結婚するわけにはいきません。
今度はどなたかお一人に絞ってくださいと贅沢な悩みになりました。
悩んだ末、選んだ方はお勤め先が彼女のご実家に近く、ご両親も大喜び。
彼のお仕事柄彼女のキャリアも生かせるとあって
ベストマッチングとなりました。悩んだ日々が嘘みたいですね。

年上のひと

お仕事柄、女性とめぐり合う機会がなかった初婚のT様、
以前大手の相談室に加盟されていましたが、お見合いもほとんどできなかったということで、
お母様のお勧めもあって当相談室にお見えになりました。
当相談室でもはじめの内はちょっとシャイなお人柄もあってか、
ご交際とはなってもなかなかご成婚にいたりませんでした。
お断りしたり、されたりのすれ違いが続きました。
そんな中である日1歳年上の方からのお申し込みがありました。
実は彼は、謙虚でお相手に多くは求めない方でしたが、唯一の条件が年下の方希望だったんです。
ですからそれまで、年上の人は対象外でした。
ただこのときばかりはプロフィールも好条件、ご趣味も共通点の多い方だったので、
年齢だけで決め付けてないで一度お会いしてみたらとお勧めしました。
そしてお見合いとなりご交際となりました。それでも当初、
彼のほうであくまで年齢に対するこだわりが抜けなかったようで、
ちょっと出だしぎこちないご交際となりました。
ハラハラと見守っておりましたが、1か月経過したころから、
やっと彼の視線が年齢からお相手のお人柄の方へ移り、
彼女の優しさ可愛らしさが率直に受け入れられるようになったようです。
予想外の「年上のひと」との結婚でしたが終わりよければ全てよし。
多忙な彼のお休みの日はどこへ行くのもご一緒の仲良しカップルとなりました。

60歳を過ぎても

J様は大恋愛の末結ばれ20年以上をともにされた奥様を、2年のご介護の末亡くされました。
その間の心労心痛そして心に空いた空洞のような大きな喪失感に耐え切れず、
ほとんど一番初めに出会った方と再婚されました。あまりに急ぎすぎたからか、
亡くなられた方の思い出を重ねすぎてしまったためか、
そのお相手とは短いご縁となりました。
もうあきらめて一人で生きて行くしかないのか・・・と、一度は思いました。
でも、日中は仕事で気がまぎれても、暗い家にひとり帰る寂しさ。
もう一度だけ希望を持ってみよう。そう決心して相談室を訪れました。
何度かのお見合いの末、出会ったI子さん。この方も女手ひとつでの子育てが終わり、
仕事だけでは埋められない隙間を感じていらっしゃいました。
「今日は良いお天気だねえ」とか、「今、庭に珍しい鳥が来たよ」とか、
「行ってきます」「いってらっしゃい気をつけて」とか・・・
そんななんでもない日常の会話。それを交わす相手がいる幸せ。
喜びも困りごとも助け合い分かち合って行く人のいる喜びは、若い人だけのものでなく、
中高年だからこそなおひとしお尊くうれしいものではないでしょうか?
今お二人は、結婚3年目を迎え仕事の合間に旅行やハイキングを楽しまれています。

一旦お断りした方でしたが・・・

k様は今までお世話した中でも一番といっていいほどお綺麗な方でした。
この方にはお申し込みが殺到するだろうなとの予想通り、
ご自分からは申し込む必要がないほどお申し込みがありました。
彼女のご希望に従いそのうちの何人かの方を選んでお見合いし、
他の方はお断りしたのですが、お断りとなった中にちょっと私の心に残る
いかにもお優しそうな方が一名いらっしゃいました。
彼女のお見合いラッシュが一段落した時、再度お勧めしてみましたところ
お見合いとなり、そのままスルスルとご成婚、
新居のマンションも購入してうれしい結果となりました。
数ヵ月後、大きな花束を持ってご来室下さったk様は、
お持ちくださった花束よりも輝いていらっしゃいましたよ。

◎プロフィールは確かに重要な判断材料ですが、
それだけで決め付けてしまわないで、やはり直接お会いしてみるというのは大事ですね。
特に一対一のお見合いの場では短い時間でも、お相手様の印象やお人柄、
自分との相性はどうかなど知ることができます。
大当たりもあり大はずれも・・・残念ながらあります。
それもこれも、より良いお出会いを目指しての、遠くて近い回り道。
あなたの幸せに繋がる一本道です。ぜひお手伝いさせてくださいね。
ご一緒にがんばりましょう!

無料相談においでください。結婚相談所のイメージが変わります。 TEL 03-5967-1701 受付時間 11:00~19:00(水・木曜日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 結婚相談所ハートフル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.