「ご交際」と「ご交際マーク」はどう違うんですか?と会員様から良く聞かれます。お見合いして、両者がまたお会いしたいということになり、相談所を通じて電話番号交換して始まるのが「ご交際」。その「ご交際」が順調に進んで、1~2カ月した頃、そろそろ「ご交際マーク」いかがですか?と相談所から打診があって双方「お願いします」ということになればそれぞれのプロフィールに右のように「ご交際マーク」添付となります。

これが付くのと付かない違いは、「ご交際マーク」がついたら他の方はお申し込み出来ない、また他の方にお申し込みしないルールなので、「ご成婚」へ向かっての大きな意思表示となり、「真剣交際マーク」ともいいます。

このマークがつくと、殆どのカップル、90パーセントは「ご成婚」へとつながりますので、アドヴァイザーはちょっと安心。お二人にとっても、お相手の現在のお気持ちが確認でき、安心なさるのではないでしょうか?

ただ、このマークがなしでも、そのまま成婚するカップルもけっこうあります。あんまりスピーディにお話が運んで、マークを出す暇もなかったり、直前まで、けっこう紆余曲折があって、でも何とかなったなんてハラハラ組もあります。ですが「ご交際中」の皆さん、このマークをいつまでたっても付けないでいると、お相手様が「あまりこの人は本気ではないんだな」と、考えたり、他の方に目移りしたりして、せっかくのご縁が切れてしまう事もあるんですよ。ですからなるべく早く「ご交際マーク」が付けられるよう、真剣に交際してくださいね。 結婚相談所ハートフル 清野