DSC_0429

日本一、世界一と評判の長岡花火大会。何度も計画を立て一度は前日の雨で線路に落石でツァー中止。次は予約を入れたのに仕事が入ってキャンセル。三度目の正直でついに行ってきました。電車で4時間、駅から会場まで炎天下を1時間歩き汗びっしょり、更に日蔭の無い指定席で暗くなるのを待つこと2時間。おまけに帰りは深夜0時25分発の電車で・・・徹夜の強行軍。こんなにしてまで?とも思いましたが、でも、行くだけの甲斐は確かにありました。新しい花火が打ち上げられる度に、観客席から沸き起こる歓声と拍手、何十万人のどよめきです。

これまでも、子供のころからいろんな花火大会を見てきたけれど、やっぱり一味違うかも。帰ってからも動画の再生をして、改めてああ綺麗、ああ凄いと、改めて感激です。7月・8月は夏祭りや花火大会の季節。これからも様々な場所で、楽しい催しが開催されます。長岡の花火大会は、もともとは71年前の長岡の空襲で亡くなられた方々への慰霊のためのものだそうです。花火の打ち上げられる音、爆発音を聞きながら、その空を横切る火柱や爆発音が恐怖の音であり、その下に身を縮こまらせ逃げ惑う、戦争やら内戦やらに苦しむ方たちの存在が重なります。安心してこの火の祭典を楽しめる、今の日本の平和に感謝。そして、苦しむ人たちに一日も早い安心の日が来る事をを願わずには居られません。結婚相談所ハートフル 清野