ブログ用写真2013-2ブログ用写真2013-利尻礼文2ブログ用写真2013-利尻礼文3久しぶりに3連休を頂いて、前々から行きたかった利尻礼文に行ってきました。初日は雨模様の曇り空、心配してましたが船から薄いけれどもはっきりと利尻富士が見えたときは感激。花の浮島の名のとおり海の上に浮かび上がって見えました。翌日と翌々日はこれ以上ないほどの晴天で、もっとしっかり撮れた写真もたくさんあるのですが、この初対面の時の利尻富士が、一番印象的でした。

利尻礼文は夏でも23度以上になることはないということで、寒さ対策で長袖の服ばかり持っていきましたが、行っていた間は島民のガイドさんもびっくりという25度の猛暑?でした。下の写真は小さくてなんだかわかりにくいでしょうが、海岸100メートルもない浅瀬で、すっかりリラックスして日向ぼっこをしているアザラシです。島の漁民の方々にとっては害獣ですが、やはり可愛らしい。ライオンみたいにガオガオとほえている声も近くで聞こえました。

この旅では嬉しいことに野生の生き物に出会うことが多く、中でもビックリしたのが往きのフェリーの中からシャチが通り過ぎるのが見えたことです。最初いるかかと思い、次に体を見せた時独特の模様からシャチと気付きました。残念ながらフェリーとは逆方向へ向かっていてすぐに見えなくなってしまいました。3日目の宗谷岬では野生の鹿の親子、私は見なかったのですが狐を見た方もいました。

二つの島と宗谷岬をめぐる2泊3日は、楽しかったけれどちょっとせわしい。何日か滞在してじっくりハイキングやウォーキングしたかったです。利尻島だけで7時間のコースがあるそうです。礼文敦盛草にはちょっと遅く薄雪草もも見られなかったのですが、ハマナスはあでやかな花盛り、シオガマやトラノオなど高山でしか見られないたくさんの花々に出会えました。また行きたいところのひとつになりました。結婚相談所ハートフル 清野