今から4年ほど前、夫が巣から落ちた産まれたばかりの鳩の子を見つけました。親が何とかするだろうと、見守っていたのですが、動きが無く、このままでは死んでしまうと仕方なく保護。動物好きとはいえ、鳩にはこれまで興味もなく、産まれたばかりの赤ちゃん鳩に何を食べさせたらいいかもわかりません。

鳩って言ったら豆?家にある豆らしきものは・・冷凍のトウモロコシ、夫がカルシウムも必要だというのでオキアミと菜っ葉、以上をすり鉢で摺ってあとはこれをピーピー鳴いている小さな口にどうやって入れるかです。思いついて食パンの白いところを小さくちぎって濡らし、それにくるむようにし、団子状にして頭をそっと抑えて口を開いた所に押し込むように・・。 こんな適当な食べ物で果たして良いのか、明日になったらつめたくなっているのでは?

生きてました、翌日も翌々日も元気にピーピー。3日もすると産毛も生え、2週もすると首をへこへこ鳩らしく上下に動かします。羽ばたきのまねごとも。やがて尾羽も伸びてきてピーという代りにグーと言うようになりました。こうなったら、いつ巣立たせるかです。1~2回の練習の後、3週間が過ぎたころ、すっかり鳩らしくなったピー子を、巣立たせることにしました。ベランダからピー子は一気に100メートル先の藪へ。教えなくても人間が育てても鳩はちゃんと飛び方を知っています。さよならピーちゃん。元気でね。もう2度と会うことはないんだね。

と、涙ぐんだりしてました。なんとその翌日から毎日、毎朝、ピー子は帰ってきては、ベランダに出してある餌を食べ水を飲んでから、私がドアを開けるのを待ってます。ドアをあけるとピョンピョンと入ってきて」椅子に乗るやらテーブルの物をくわえて落とすやら半日くらいは遊んで行きます。私が家の中を移動するといつも後についてきて、来客にも一緒に迎えます。私が昼寝をしようとクッションに頭を乗せると、自分も同じクッションの上にうずくまって眼を閉じます。

そんなピー子の毎日の訪問が3カ月続きました。そして10月、ピー子にイケメンの素敵な彼ができました。ピー子が我が家で遊んでいるときは遠慮?して、表の電線の上で辛抱強く待っていた若雄鳩です。最初は彼から逃げ回っていたピー子ですが、とうとう彼の求愛を受け入れ、カップルになったようです。

その日から、毎日の訪問はなくなり、私も忙しくなって昼間家にいることがほとんどなくなってしまいました。時々、元気にしてるかな?と、思い出してもピ-子にはもう二度と、今度こそ会えないだろうと思ってました。そしたら数日前、家のぶどう棚の中に鳥の巣のような物があるなと思っていたら、そこで鳩が2個の卵を産み、今、温めている最中です。ピー子です。それまで住んでいた藪が切払われたので、安全な子育ての場所を求めて、我が家に舞い戻ってくれたみたいです。

ぶどう棚は階段の横なので、今、上り下りの時気を使って、そっとそっと降りてます。そろそろ孵るかな?

ハートフル 清野