先日、結婚についてお悩みの会員様のご相談にのっていました。自分は本当に結婚したいのかどうなのか・・・真剣なお悩みです。お見合いからいったん離れて考えてみようかと。私、距離を置くのも、それはそれで良いけれど、お見合いしていろんな方とお会いする中で、見えてくるものもあるのでは。

とやこう具体例など入れながらお話しするうちに、「テルマエロマエ」ですっかり有名になってしまったヤマザキマリさんと、やたらといろんな賞をいつのまにかもらっている西原理恵子さんの話になってしまいました。

私はヤマザキさんは「テルマエロマエ」より、「世界の果てでも漫画描き・キューバ編」が好きで、彼女が未婚の母になり、夫のベッピーノさんにプロポーズされるまでのお話が好きなんです。それと西原さんと鴨志田さんのお話とかが。(「好きな人を嫌いになるのは難しい」西原さんのあの言葉に泣きました。)

いろんな形の出逢いがあり、いろんな形の夫婦があり、立ち止まって考えるよりやはり歩きながら走りながら考えるのも、いろんな景色に出逢えるチャンスが増えるのではと、そんなことが伝えたくて漫画の話になったんですが。話してみれば、会員さんも結構漫画ファン。それもマニアック、30年も歳の違う二人が漫画の話をしてました。肝心の事、伝わったのかしら?アドヴァイザーとしてはこれでいいのか?    ハートフル 清野