昨年の大災害から、きりもなく次々と自然災害に見舞われている日本列島。それに適切に動いているとはどうしても思えない政治。心も重くなる中でまたもいじめによる子供の自殺が今、話題となっています。

思えば今から28年前、小4の私の息子もいじめのターゲットになっていました。そして同じころ、「生き地獄になっちゃうよ」と遺書を残した中学生の自殺がありました。

あれからこれほど年月がたっても、あいも変わらずいじめによる子供の自殺。いったいこの年月はなんだったんでしょう?なにもかわっていないのですね。死を選択させられた子供の、長い深い苦しみ口惜しさを思うと、いたたまれない気持ちです。

私の息子は今38歳、学校を拒否する数年間から、定時制高校、大検予備校を経て、大学を出、仕事を持って嫁さんとたのしくくらしている自信満々の大人になりました。

いじめにあって苦しい思いをしている人たち、数を頼みに他人をいじめて喜ぶなんてそんな人間の屑みたいな哀れなやつらに付き合うことはない。どんどん緊急避難しよう。そしてしっかりと休み、心と体の傷をいやして、あなたの本来の輝きを取り戻そう。道はいくらでもある。あなたの命はゴミどもにくれてやるにはもったいないよ。          ハートフル 清野