昨年末に「交際期間について」というお問い合わせメールをいただきました。交際3カ月では短すぎるのではというご質問は時々他の方からも受けるので、私のお返事メールをここに転載させていただきます。(以下は返信メール)

交際期間3か月というのは最初に聞いたとき、私も「えっそんなに短いの?」と、びっくりいたしました。そう、私ももともとこのシステムの会員でしたので。

ただ、実際に自分でも婚活し、また仕事としていろんなカップルの成立に立ち会ってみますと、3カ月というのはなかなかの期間であると実感するようになりました。

たとえばお見合いして2時間くらいお話して、それでもう一度会いたいと思わない方ならそこ迄。2時間ではなんともいえないと思えばとりあえずご交際して、その間は最低1週間に1度はお会いする、メールや電話でお話しするなど、かなり通常より密度高いコミュニケーションをします。

それというのも3カ月という縛りがあればこそ。しっかりお相手を見極めなければと真剣になります。1回のデートで、ちょっと・・・となったり、2回目、3回目でやっぱりこの先には・・と結論が出たり、漠然としたお付き合いとは一味ふた味違う時間の流れがあります。これが5回、6回とお付き合いが続くようなら、それが双方楽しい時間であるなら、もう決まったようなもの・・と相談所は経験から感じ取ります。

何度かお見合いしても、3回以上はご交際が続かず「僕は3回目の男ですね」と苦笑されていた方が、○回目のお見合いでとうとう本命の方に出会い、3カ月どころか2カ月で、プロポーズはいつにするかというお話になりました。決まる時ってそんなものです。他にもいくつも例があります。

時間の制限があればこそ、自分の心、相手の心に真剣に向かい合えると思います。仕事の都合や、ご家族の病気など、どうにもならない理由があって、3カ月枠を超えてしまうこともたまにはあります。そんな時はケースバイケース。お互いの思いやりが試されます。ただ、どの相談所の方も共通しておっしゃるのは、理由もなくご交際を伸ばしてうまく行ったためしはほとんどないということです。

そんなところでご納得いただけましたか?こればかりは体験なさらないと半信半疑かもしれませんね。ご来室くだされば、その辺も含めてご説明いたします。お気が向かれたら一度お遊びにおいで下さい。

(以上、昨年末に頂いたお問い合わせメールへの返信より)  ハートフル 清野