昨日は、会員様にお願いして、ご来室を延期していただき、高校同期の女子会に参加してまいりました。私の卒業しました高校は男子350人の中に女子23人という進学校。卒業後は皆様方とはほとんどウン十年ぶりの再会です。

 駅での待ち合わせ、階段を降りてくる同年輩の女性に目をやって、あ、わかりました。高校時代のそれぞれの皆様の18歳時の「花のかんばせ」にプラスすること〇十年。面影は残っているものですよね。

 再会して意外だったのは、距離がほとんど感じられなかったということ。同期というのは、単に同じ時期に同じ学校を出たということだけではないのですね。青春時代からその後の昭和・バブル期・そして平成の時代を、それぞれの場所で、それぞれに生き抜いた、「広い意味での時間と空間を共にした」という文字通りの「同期生」なんだという親近感でした。

 長い卒業後の人生にはその方その方の山あり谷あり強風あり豪雨あり、それを皆様乗り越えて、良くぞ今日まで生き抜いた!!結婚し、子を育て、仕事をリタイアして、そしてまだまだこれからの人生に立ち向かおうとしている。そんな同期バンザイ!しわもしみも衰える体力も、みんな生きていてこそ迎えるステージ。元気をかき集め、情報もかき集め、前向きに、10年後20年後の女子会いたしましょう! ハートフル 清野(集合場所の鎌倉はうつぎの花盛りでした。)