私事ですが、我が家の今日のおかずは朝っぱらからアサリの酒蒸し。昨日、珍しく大きなのがあったので味噌汁にするつもりで購入したのですが、夫からのリクエスト。「おいしい」の一言にホッ。というのは彼は東北生まれ、私は温国育ち、味覚がずいぶん違うんです。これってなかなか慣れません。私が上手に出来たと自信を持って作ったものが、薄いとか口に合わないとかだと、なにさ、勝手に作ればなんてむくれたりして。

 味覚に限らず、生まれも育ちも違う二人が、ご交際やまして毎日を伴にする結婚となれば、いい面だけを見せ続けるわけには行きません。ええ~そんなあ~。なんて思うことも度々あるでしょう。でも、考えてみれば違って当たり前。違ったものと向き合う中からもしかしたら新しい発見があるかもしれないし、どうしても妥協できないことも出てくるでしょう。世の中のご夫婦はそんな違いをなんとか乗り超えて、長い間にはお二人流を作り出していくのでしょう。考えてみればすごいことですね。

 ご交際が頓挫するときには、そんな些細な違いがきっかけになることが多いようです。小さな違いが積み重なって、ちょっとやっぱりなあ・・なんて。受け入れられるものと、受け入れられないものと、お互い思いやりが無いわけではなくとも、微妙にすれ違う。人間って難しいですね。   ハートフル 清野