今朝の読売新聞、「就活ON!」のタイトルです。お読みになりましたか?これは「就活」の話なんですが、そのまま「婚活」にぴったり当てはまります。「第一印象がよければ、相手をまた会いたいという気にさせることができます。」「会ってもらえなければどうにもならないのです。」そうです!「就職活動における第一印象とは何か。そう、履歴書に張る証明写真です。」これはそのままお見合い用のプロフィールに張る写真と置き換えられます。

 そして相手を動かす好ましい外観のポイントが5つあげられています。①②③はもちろんですが④の「目が生き生きとしている⑤口角を少し上げる」などもホントに大事。

 最後に「できればスピード写真ではなく、スタジオで撮影しましょう。少しでも印象をよくするため、投資を惜しんではいけません。」とありました。お見合い写真に関しては確かにお家で撮ったもの、出先で取ったスナップ写真などでもとてもいい感じに撮れた物もあります。でも、基本は「次の選考ステップに進むために、全力で撮影に臨むのです。」です。

 「全力で撮影に臨む」いい言葉ですねえ。お見合いのそして希望の異性に出会うための「婚活」のスタートもまず写真から。まったくお見合いが決まらなかった方が、写真を変えたらたちまち連続お見合い、そしてご成婚なんて例は珍しくないんですよ。だからこそ最初の写真、全力で臨んでほしいと思います。   ハートフル 清野