毎日これでもかというほど、結婚相談所の広告を目にします。何といっても新聞一面全面広告の大手さんが圧倒的に目立ちます。その隅で、当相談所のような2~5行くらいのささやかな広告もあります。こんなささやかな広告でも、出すほうは一生懸命、限られたスペースでいかに皆さんにアピールできるか頭を絞ります。うまく当たっていくつかお電話をいただけることもあれば、まるきり反応なしなんてこともあります。

ただ、言えるのは相談所の質は、広告の大きさに比例しないということ。HPに「小さな相談室の大きなお手伝い」と書きましたが、その通り。通り一遍でない血の通ったお世話ができるのが強みです。おまけに情報量では大手さんに負けませんから、全然ご心配はいりません。マニュアルで対応するのではなく、一人一人のご性格やご要望に沿った対応ができます。数日前に入られた方がもう婚活に動いておられますよ。こういった親身になってくれるようなお近くにある相談所を大いにご活用ください。相談室は大きさではありません。内容です。

絶対にお薦めですが、まず存在を知っていただかないことにはどうにもなりません。そんなわけで、今日も地域情報誌やら新聞やらに掲載する文面に、ああでもないこうでもないと頭をひねっているわけです。皆さ~ん、私にお世話させてくださ~い。ハートフル 清野