雛まつりも終わり朝夕はまだ冷えますが気持ちはすっかり春の準備OK。通勤電車の中も薄めのコートが目につきます。この春、生涯のパートナー探しのスタートラインに立っている方、既に何度かお見合いを重ねご交際に入っている方いらっしゃることでしょうね。

 今回はそんなご交際期間について。私どものような相談室経由でお出会いのきっかけを持たれご交際となりますと、結論を出すまでの期間制限があるところが多いです。私どもではそれが3カ月となっております。

 たった3ヶ月で結論が出せるものだろうか?と私も最初は思いました。でも、実際に多くの事例を見て、なるほど3カ月というのは適正な期間といえると思えるようになりました。まず、結婚したいという意志を持たれた方同士が、お互い一定のお相手様の条件を承知したうえでのご交際ですから、3~4回もお会いすれば、これはちょっと無理かなとか、もしかしてついに出会えたのかしらなんて結論は意外に早く出るものです。私のお世話した中では、既に2カ月目に入ればお気持ちは双方固まっていることが多かったです。4回くらい会っても、そんな気持ちにはなれないというなら、あと何回お会いになっても一緒かも。

 それでもギリギリまでお迷いになることもありますが、そういうときにこそアドヴァイザーにご相談ください。迷っている原因は何なのか、その原因は取り除けるものなのかそうでないのか、ご一緒に考えてまいります。そうしてご本人様のご意思を大事に本当のお幸せに向かってお話を進めてまいります。

 ご交際の3カ月というのは、そういう意味で大変密度の濃い時間となります。なるべく時間の都合をつけ、会えないときはメールでも電話でも何でも利用して、コミュニケーションしてください。相手を知る、相手に自分を知ってもらう、真剣勝負?の3カ月なんです。