このところ、寒いけれど良いお天気が続いてますね。抜けるような青空を見ているとウォーキング魂?がうずきます。私はウォーキングやミニハイキングが大好き。それも体を鍛えるような本格的なのではなく、花を見るとか、ゴール近くの温泉に入るためとかのお気楽ウォーキングファンです。今の季節なら蝋梅、梅、節分草、福寿草や座禅草なんかもいいですね。

 ところで少し前に自由参加の鎌倉アルプスミニハイキングがありました。私はおばさん4人組の参加。集合場所にはすでに何組かの参加者が集まっていましたが、中でも目立ったのがひと組の中年カップル。いらしたときからずっと手をつないで楽しそうに話しておられます。あのお二人はご夫婦だろうか、恋人同士だろうかとおばさん4人組は興味しんしん。ご夫婦にしても新婚さんよね、古いカップルはあんなにべたべたしないわよと、これはもうやっかみ混じりで仲間が断言。ともあれハイキングはスタートしました。

 お二人のほうはそんなおばはんたちの勝手な憶測をよそに、ずっと手をつないだまま歩いて行かれましたが、途中細い道になるとさすがに男性が後になりました。下りの急坂で男性は先に降りて下から手を差し伸べて彼女をサポート。また並んでいかれました。逐一その様子を見ていた仲間たち、「私たちだって下で受け止めてくれる人が欲しいよ~。」とうとう最後まであてられっぱなしのハイキングとなりました。でも、私もちょっとうらやましかったですよ。帰って夫に「たまには手をつないで歩いてみようか」といったら「バカモ~ン!」って言われてしまいました。これだから日本の中高年の男って。トホホです。   ハートフル 清野 由美子