数日前のの朝日新聞「声」欄をお読みになった方も多いかと思います。50歳代の男性の方の投書「一度だけじゃないかも結婚は」というタイトルでした。ご自身と奥様も再婚、そして2人のお嬢様は奥様の連れ子さん。ご長女も再婚で、次女の方が最近離婚されたそうです。12月に開かれた家族一同に友人、お孫さんも交えての賑やかなお集まりは、そんな次女の方を励ます意味もあったようです。「離婚はつらい体験だけどあながち悪いばかりでもないいろいろなことが学べるし、それを次に生かせばよい。自分たち夫婦はまずまず幸せに暮らしている」「この冬1人になって寂しい思いをしてる人に勇気を出して1歩前に進んでほしい。そして次女に素敵な人が現れるのを待っている」と結ばれた文面から投稿者のお嬢様に寄せる思いやりと暖かなお人柄が伝わってきました。とっても、励まされる投書でした。もちろん再婚だけでなく「一人寂しい思いをしている」全国の独身者の皆さん!今年こそ1歩前に進みましょうね。     ハートフル清野